いちばんぼしにとどくまで

アイドルや舞台について好きなだけ

東京B少年これまで年表

EXシアターの感想などをまとめたかったんですが、この間発売された雑誌「STAGE navi」を読んだらいてもたってもいられなくなってしまったので、東京B少年結成からこれまでを年表にしたいなと思いました。

※超絶ざっくりです。ここから色々追記、修正していくかもしれない…。

※2017年9月11日数か所追記修正しました。Twitterなどで教えてくださった方、ありがとうございました!

 

  • 2015年5月

岩﨑大昇くんが入所。

 

  • 2015年10月

岩﨑くん、ジャニーズJr.内ユニットHiHiJetに加入。

 

  • 2016年1月

藤井直樹くんが入所。本人曰く、ジャニワ中にオーディションがあったとのこと。

 

  • 2016年4月

那須雄登くん浮所飛貴くんが入所。

・ふたりの初仕事は4月13日に行われたジャニーズ野球大会

・ふたりとも4月22日放送のミュージックステーションMr.KINGのバックとして出演。浮所くんはフレッシュJr.のどセンターに君臨する。

 

  • 2016年5月

浮所くん寝坊して修学旅行に行けず。翌日から行こうかと思っていたところにマネージャーさんから連絡が入り、「明日からジャニーズ銀座に出て!」と言われ、何がなんだかよく分からないままに出演。*1

岩﨑くん藤井くん、ジャニーズJr.内ユニット「Classmate J」としてジャニーズ銀座に出演。

 

  • 2016年6月

佐藤龍我くん金指一世くんが入所。

 

  • 2016年7月

浮所くん、ジャニーズJr.内ユニット「HiHiJets」のメンバーになる。

 

  • 2016年8月

那須くん龍我くん金指くんSexy Zoneのコンサート「Summer Paradice 2016」に出演。

那須くん龍我くんと「相手がペットボトルで水を飲んでいるときにそのペットボトルの底をたたく」という低レベルなケンカを繰り広げつつも、ジャニーさんに「YOUたちは相性がいいね」と褒められシンメを意識し始める。(那須くんがジャニーさんに「龍我はYOUに任せた」と言われたのも、このあたり?)*2

金指くん中島健人くんのソロ公演中にセットの階段から落っこちる。*3

藤井くん岩﨑くん浮所くんはそれぞれクラJ、HiHiJetsとして「サマーステーション ジャニーズキング」に出演。

藤井くん、ジャニーさんから「YOUはダンスが元気だよ」と褒められ、サマパラの佐藤勝利くん公演から那須くん龍我くんに合流。コンサート中に3人だけで踊る曲もあり、会場をざわつかせる。(那須くん談)

金指くん山下智久ソロコンサートにバックで出演。これを最後にしばらく事務所から干される。

 

  • 2016年9月

・サマパラで披露した那須くん龍我くん藤井くんのステージを少年倶楽部でも披露。

浮所くん岩﨑くんも3人のバックにつく。それを見ていたジャニーさんに浮所くん、「やっぱりYOUはいいよ!」と褒められる。

岩﨑くん、ドラムの練習をしたりなどしてジャニーさんにアピる。

金指くん、干されてる間に特技を増やそうと思いローラースケートを習い始める。

 

  • 2016年10月~11月

那須くん龍我くん藤井くんに2人加えて5人組ユニットを作ろうという話になり、色んなJr.を候補に挙げる。その中には、現HiHiJetの髙橋優斗くんの名前も。

・たくさんのJr.の中から、浮所くん岩﨑くんが加入することが決定。

・名前はジャニーさんがいくつか挙げてくれた候補の中から、自分たちで「東京B少年」を選び、ジャニーさんが「本当にそれでいいの!?」とちょっと不服がる。(ちなみに、わたしのカンですが、そのいくつかあった候補のうちの1つが、今年のEX限定で彼らに名付けられた「東京美Show年」だったのだと思ってます笑)※最初の最初は「Tokyo Boys」というグループ名であったことがJr.情報局の動画から分かります。*4

・結成に際し、「この年頃の少年にしか出せない色気を出そう」「嵐みたいな正統派グループにしよう」などのコンセプトが決まる。*5

 

  • 2016年12月

・帝国劇場で行われた舞台「ジャニーズ・オールスターズ・アイランド」にて、東京B少年お披露目。マイケルジャクソンの有名なパフォーマンスをメドレーにした演目などを踊る。

・しかしまだ楽屋ではお互いのことを知らなすぎてケンカばかり。

・アイランドが終わったらユニット解散させられるんじゃないかと不安に思った那須くんが、龍我くんに「本番前に遊びに行ったら疲れるから駄目」など激しく束縛しはじめ、ウザがられる。

藤井くん浮所くんに「那須はグループがなくなるのが不安だから…(ああいう風にみんなのこと縛っちゃうんだよ)」と諭す。

那須くん、長期間の舞台ゆえ疲れがたまり、「廊下を走り回って楽屋の小窓に顔を突っ込んで奇声を発する」などの奇行が目立ち始める。それを見た龍我くんは「こういう人なら仲良くなれるかもしれない…」と心を許す。

那須くん浮所くん橋本涼くんから5分に1回空気が抜けるエアーベッドを譲ってもらい、2人で楽屋で使うようになる。

 

  • 2017年3月~5月

・横アリ、大阪城ホールさいたまスーパーアリーナにてジャニーズJr.のみのコンサート「ジャニーズJr.祭り」開催。東京B少年の5人、B少年に加入前の金指くんも出演。

・B少年、NEWSの「BYAKUYA」を披露。那須くんのセリフ「ビャクヤァ…!」をはじめ、フレッシュなパフォーマンスがジャニオタの心に刺さる。

那須くん「龍我は赤ちゃんみたい」浮所くん「バブバブ(笑)」龍我くん赤ちゃんじゃねーし!」という、狙ってんだか自然なんだかのMCも話題に。

金指くん3秒笑って」選抜に入る。一人だけダンスが下手で立ち位置は端っこだったが、それが目立ったのかジャニーさんに「YOUイイね!」と声をかけられるこれは順番が違って、Jr.祭りのわらわらの端っこにいた→それを見たジャニーさんに声をかけられて「3秒笑って」選抜入り、という時系列でした。

那須くん、「ジャニーズ野球大会2017」野球対決にてJ-WHITEのピッチャーに抜擢され、100球以上を完投。バッテリーを組んだ髙橋優斗くんとのリアル男子高校生の青春っぷりがおたくの心を掴む。

龍我くん短距離走で最下位になり、「泣きそうです…」という名言を生む。それ以降プロフィールの「得意な科目」の項目が「体育」から「技術」に変わる。

金指くん、ローラースケートでHiHiJetと一緒に生まれたての小鹿のような滑りを見せる。(浮所くん談)

 

  • 2017年5月

・「ジャニーズ銀座2017」記者会見にて、金指くんも東京B少年に加入することが発表される。元々バックで出る予定だったところ、ジャニーさんに「YOUやっちゃいなよ」と言われ加入が決まったとのこと。

那須くん現役慶応高校生浮所くん現役立教高校生だということも会見の際に話題になる。

藤井くんが謎のアイドルキャラ「なーくん」人格を開放して時の人になる。

・東京B少年単独で「ミュージックステーション」に出演。CM前に激しいカメラアピールをしたり、トレンディエンジェルの斉藤さんと軽快なトークをしたり、心臓に毛が生えまくったファインプレーを見せつける。

 

  • 2017年7~8月

・「サマーステーション2017 君たちが~KING'S TRESURE」に出演。

・HiHiJetと共にHiHiB少年として初のオリジナル曲「HiB HiB DREAM」を貰う。

Mr.KING冠番組KING STATION」にレギュラー出演

・「Summer Paradise2017」佐藤勝利公演のバックとして出演。

・10月31日にHiHiJetといっしょにファースト写真集「GALAXY BOX」を発売することが決定。沖縄ロケに行き、水上アスレチックでアクロバットをしたり、バナナボートに乗ったり、現地の子供と仲良くなったり、ホテルでホラー映画を見たりしてはしゃぐ。

Mr.KINGと一緒に2度目の「ミュージックステーション」出演。サマステのテーマソング「スペースジャーニー」を披露。

 

 

……だいたい、このような感じでしょうか。(JetsとかクラJとかのあたりは時系列がややこしすぎるので、間違っている気がする…もし間違っている部分があったら教えてください)いや~~目まぐるしい!

これらすべて本人たちの口から雑誌や新聞で語られていたことなのですが、書き出してみて気付いたのが、みんな何かのタイミングで「YOUいいね」と社長直々の言葉をもらっているってことですね。いや、グループに入っているような子はみんな言われている言葉だとは思うけど、言われたタイミングと理由が割と人それぞれで面白かったです。

 

ステナビの対談で私がびっくりしたのが、昨年のアイランドのあたりの話で、那須くんが「ユニットをなくしたくない」がために周りのメンバーにも一体感、グループ感を強要し、険悪な雰囲気になっていた…というところです。これまで様々なインタビューで様々な人が「那須は重い」「那須は真面目すぎる」など発言しており、具体的にどんなところが…?と思ってたんですが、これだったのかー!!!!と事件の真相を知ったような気持ちになりました(笑)

多分、那須くんは「今のジャニーズJr.の中に置いてはユニットに所属していることがとても大事なこと」というのを理解していて、それゆえにB少年を何とか守ろう、継続させようとしているんだと思うし、一方でこの短い期間にすでにユニット解体やメンバーチェンジを経験している藤井くんは、またちょっと達観しているというか、Jr.は結局「向上心は失わずに今置かれている場所で100%頑張る」ことが全てだと理解しているんじゃないかなと思います。

 

私はB少年のそれぞれに頭とカンがいいところ、したたかなところがすごく好きなんですが、改めて時系列順にまとめてみるとやっぱり皆すごく頭がよくて、でもそれだけじゃままならないこともあったり作戦がおたくにバレバレなところもあったりして可愛くて、ますますこの6人が好きだなーって思いました。皆より遠回りをして加入した金指くんも、干されてすぐ「じゃあ特技を増やすためにローラースケート習おう」って考えに至るのが凄いし…。

橋本涼くんがB少年のことを「新世代のJr.って感じ」って言ってたのも、なるほどそうだなーと思って。Jr.として新しいというよりも、人間として新しい世代の人たちなのかもしれません。生まれたときからインターネットがすぐ隣にあって、SNSも当たり前で、自分で情報を集めて、自分について発信することに慣れている人たちって感じ。私はよく、那須くんのインタビューとかを読んでいて、「入所してまだ1年なのに15年くらいやってるみたいな大振りな話口だな…」と驚くことがあるんですが、きっと「真実は墓まで持っていく」「不言実行がかっこいい」みたいな世代じゃ、もはやないのかも…。

 

それから、とにかく理屈で作戦を練る那須くん、それを柔軟にフォローする藤井くん、コミュ力で先輩にグイグイ行ける浮所くん、浮所くんとは違うジャンルの先輩やスタッフなど大人にグイグイ行ける岩﨑くん、センターを張れる龍我くん、未知数の金指くんってバランスもやっぱり凄くいいと思いました。なんか結構、Bの方向性は那須くんと藤井くんにかかってる気がしていて、ほんと期待してるよ…!最近この2人の関係性が気になって仕方ないです。

 

ここから先、この6人がどうなるのかは分からないし、これまでのJr.界隈の変遷と比べても、きっとこの6人のままずっとやっていけるってことはないと思います。でも、欲を言えば、一分一秒でも長く、この6人が6人のままで、いろんな経験をしてグループとして成長していくところを見ていたいなぁって思います。

 

終わります!

*1:2017年5月のジャニーズ銀座公演中に本人発信で明かされた事実

*2:2017年5月の「ザ・少年倶楽部」内コーナー「Jr.にQ」にて本人発信で明かされた事実

*3:2017年5月の「ジャニーズ銀座」公演中MCにて本人発信

*4:読売中高生新聞「ジャニーズJr.の小箱」岩﨑くん回より

*5:読売中高生新聞「ジャニーズJr.の小箱」藤井くん回より