いちばんぼしにとどくまで

俳優の黒羽麻璃央くんのファンです

春のシアタークリエはキラキラ光っていた(ジャニーズ銀座A公演の雑感です)

いい加減ジャニーズのことばっかり書きすぎで、ヘッダーと「はじめに」に語弊がある感じのブログになっていてすみません…。まぁ、書きたいことを書きたいうちに書く、ということで。

 

GWは、日比谷のシアタークリエで行われている「ジャニーズ銀座2017」に行ってきました。先のブログで触れた「Wゆうと」こと、髙橋優斗くんと那須雄登くんの所属するジャニーズJr.のユニット「HiHiJET」と「東京B少年」が、ふたつ合わさって「HiHiB少年」として行う公演だったからです。

 

シアタークリエでは毎年春にジャニーズJr.がユニットごとに分かれて公演を行う「ジャニーズ銀座」が開催されています。この公演のコンセプトは「Jr.が自分たちでプロデュースする公演」ということで、普段デビュー組のバックについて、そのグループの曲しか踊らない子たちが、色んな先輩の曲をいろいろ考えて組み立ててセットリストを作っているのです。(もちろん、大人の手は充分入っていると思いますが)

これが最高にイイ!!

 

ステージ上の9人*1が、あの手この手で今自分たちに似合う曲・お客さんに届けたい曲・自分たちのキャラクターが立つ曲をバンバン提供してきて、すごく楽しかったです。

 

セットリスト順に言うと、まず最初に「ここにチケット代!!!」と思うくらい興奮したのが、東京B少年によるV6のHONEY BEAT」

オリジナルのこの曲は早稲田アカデミーのCMタイアップソングで、MVも学ランを着たV6が受験生の男女を応援する…というストーリーになっています。よって、振り付けもちょっと応援団風味。

で、今回B少年もV6にならって学ランに白ハチマキでこの曲を歌うんですね~~それがもうめちゃくちゃ可愛くて!

まず、メンバーイチのお笑い切り込み隊長(だと今回のクリエで確信しました)の岩﨑大昇くんがひとりでステージ上に出てきて、「押忍!東京B少年の応援団長、岩﨑大昇ですっ!」と自己紹介&客席煽りを始めます。これね、大昇が毎回微妙~~にテイストや言うことを変えてきてて、すごく立派だ!と思いました。ウケたネタはちゃんと翌日に持ち越すし(笑)大昇、色が白いから大声出すとほっぺが真っ赤になっちゃって、変声期の途中なのか声も裏返っちゃったりするんだけど、毎回毎回全力で応援してて、すっごく心が洗われました。

そのあと他のメンバーも出てきて曲が始まって、また間奏で一人ひとりオタクを応援してくれる。那須くんは「フレー、フレー、勉強!」、龍我ちゃんは「フレー、フレー、恋愛!」、浮所くんは「フレー、フレー、親孝行!」、藤井くんは「フレー、フレー、部活!」、そして新メンバーの金指くん(13ちゃい)は「フレー、フレー、遊び!」

…どうですか、この社会人をガン無視している平均年齢14歳の応援は!!泣けるよ!!(色んな意味で)

5月4日の夜公演だったかな、藤井くんが「みなさーん!総合大会がんばっていきましょう!」って言ってから「フレー、フレー、部活!」って始めてたんですが、今の若い子は体育祭?球技大会?のことを「総合大会」っていうんですか?リアルなDKすぎてまぶしいよ……。

勝手に「フレー、フレー、仕事!」と応援された気持ちになって、明日からの仕事も頑張ろうと思っています。

 

続いてHiHiJETも出てきて全員で「セリフメドレー」。デビュー組の曲中にセリフがある曲をメドレーにしているもので、セリフ部分を一人ずつ言っていく…という仕組みです。これも単純なんだけど、考えられていてよかった。セリフ部分ってやっぱり盛り上がりますし、それをどんどん畳みかけてくる勢いが楽しかったです。

各セリフと担当するメンバーは下記のような感じ。

Sexy Zone」の「Sexy Rose…」→佐藤龍我くん

「Come On A My House」の「Come On A My House!」→那須雄登くん

「君にHITOMEBORE」の「好きなんだよ、マジで!」→橋本涼くん

「瞳のスクリーン」の「I love you♡」→井上瑞稀くん

「真夜中のシャドーボーイ」の「シャドー?」→髙橋優斗くん

「喜びの歌」の「止まらねぇ!!!」→藤井直樹くん

Sexy Summerに雪が降る」の「メリークリスマス♪」→作間龍斗くん*2

「恋のABO」の「Youたち、何型?」→岩﨑大昇くん

「Love Situation」の「チカヅキタイ」→浮所飛貴くん

「僕はVampire」の「僕はVampire…」→金指一世くん

 どーですかこの並び!なかなか秀逸ですよね!?

 

わたしが特にぎゃー!!ってなったのは、ゆうぴー様こと髙橋優斗くんの「シャドー?」これが絶妙にセクシーなんですよね…!!正直、ラジオとかMCとか、普段のおしゃべりを聴いてるだけだと、変わった声質の子だな~としか思わないんですが、ここぞというときの決めセリフとか歌声がひたすらにエロいんですよ!!びっくりした!!

声質で言えば浮所くんの「チカヅキタイ」も、ハスキー&ちょっと照れが入っていたのが非常に非常に萌えでした。この曲の清潔さとかっこよさ、とっても浮所くんに合っていたと思います~。

あと大昇の「Youたち、何型?」も。毎回そのあとに変なポーズしてて可愛かったのと、ジャニーさんが見学に来てた日にジャニーさんの物まねで言ってたのが心臓強すぎて最高だな!!と思いました。

他のみんなもかっこよかったです。これをMC直前に持ってくる構図が憎いよね。嫌でも全員の顔と雰囲気覚えちゃうもん!

 

MCも毎回死ぬほど面白くて、あとでブログにまとめておこうと思っているんですが、とりあえずここでは飛ばして。

 

後半で良かったのは、何といってもゆうぴー様のソロ「今夜貴方を口説きます」!こちらはHey!Say!JUMPの伊野尾くんと八乙女くんのデュエット曲で、この2人がパーソナリティーを務めるNHKラジオ「らじらー!」内のコーナーから派生した曲、らしい。スポンジとか、蛇口とか、無機物を女に見立てて意味深なフレーズで口説いていくパーティーソングなのですが、今回のクリエではゆうぴー様がこの曲を使って共演するHiHiB少年のメンバーを口説いていく…という阿鼻叫喚ソングになっていた。

まず出だしからかっこいいんですけど、金ぴかのスーツにパーティーモールをいっぱいつけたゆうぴー様がステージ上段中央に出てきて、「今日は誰を口説いちゃおっかな~♪」っていうわけ。エロッ!!!!!!

口説かれる人はだいたい固定で、那須くん&龍我くんだったんですが、またこれもな…この3人は「龍我くんをめぐる三角関係」というのを雑誌のインタビューで語ってたばっかりだったので、あれ、クリエへの複線だったのかよ…!!と驚愕しました。千秋楽でどうなるんだろう…と思っていたら、ゆうぴー様が那須くんに「龍我からキスされたほうが勝ちだ!」とか言い出して、サビの間中、キスされたいWゆうとVS捕まったらキスしなきゃいけないから逃げ切りたい龍我くんの鬼ごっこが展開され、最終的に龍我くんを捕まえてキスしたのは優斗でも雄登でもなく、後ろで踊っていたジャニーズJr.の佐々木大光くんであった…~完~

なんかこれ倫理的に大丈夫!?と思わなくもないんですが、とにかくWゆうと推しとしては、2人が龍我くんをめぐって戦っているというテイで、毎回最後は2人だけできゃっきゃして遊んでる感じになってたのが、ひっじょーーーーーに萌えました。ワイドショーの取材が入った日に、那須くんをお姫様だっこして終わったゆうぴー様は、策士だなって思った。おかげでばっちり映像に残った。

 

あと「~口説きます」は、直接見てないんですけど何度か那須&龍我ペアじゃないときもあったそうで、瑞稀くんは「優斗、俺のこと口説けんの?(笑)」というちょっと上から目線のセリフ、藤井くんは「なーくんのことどうするつもりですか?><♡」という藤井くんの中に眠るアイドル人格”なーくん”ネタのセリフ、だったらしく、こんなところまでキャラ設定がしっかりしているHiBの末恐ろしさと可愛さにやられました。

 

ちなみに、この「~口説きます」の次が橋本涼くん(サビから浮所くん&大昇も参加)で中山優馬くんの「水の帰る場所」で、ワイワイした空気に飲まれることなくしっとりした圧巻のパフォーマンスを見せてくれて痺れました。清涼飲料水みたいに爽やかで、ひまわりみたいに明るくまぶしい性格の涼さまが、切ない顔で「哀しみを抱きしめた人は誰?憎しみと握手した人は誰?」と歌うだけで胸がぎゅーっとなるし、サビから一緒に歌い始める浮所くんと大昇のコーラスも厚みがあって素敵でした。

 

そしてなんといっても一番興奮したのはクライマックスの全員での「Touch」!!

これ、Kis-My-Ft2.の藤ヶ谷くんと玉森くんのデュエットソングだそうなのですが、セクシーでクールなダンスナンバーでかっこいいんですよ!

これをね~、全員がくるくるフォーメーションを変えて踊っていくんですけど、まず歌いだしの那須くんの表情がすごくかっこよくて…。高校一年生が「欲しいのならTake it,もうこのままjust taste it,again」とか歌うんですよ…なんてゆがんだ世界…と思っていたらサビで金指くん(13ちゃい)が「just touch my body…」とか囁きだすからひっくり返ったわ!もう最初から最後までみんな今自分が持てる最大級の「かっこよさ」の引き出しを開けて歌って踊っていて…なんだかすごくバランスの良いメンバーだなぁと改めて思ったし、これからこの子たちはもっともっと、誰も追いつけないくらいにかっこよくなっていくんだろうなぁと思いました。

一番最後は全員で横一列になって立って終わるんですが、この時照明が逆光になってね、ステージにバーッと並ぶ9人のシルエットがすっごくすっごく強くてかっこよかったんです!!は~~猪狩くんが入ってるところも見たすぎた……またいつかフルメンバーでやってくれ……。

 

他にも良かったところを挙げればキリがない。本当にたのしい公演でした。

 

ジャニーズJr.の世界って、若手俳優以上に不安定で、わたしは今HiBの10人がまるっとまとめて大好きだけど、HiBが今の形でいつまで続くかなんて誰にも分からない。(ジャニーさんにしか分からない)夏もEXシアターでジャニーズJr.の公演が決まって、そこにHiBの名前もあったけど、その時は既にメンバー変わってるかもしれないし。そういうのに疲れ果ててしばらくジャニーズから足を洗っていたのですが、どうしてもあらがえない引力に負けてもどってきてしまいました。はーーー絶対また近いうちにショック受けることたくさんあるんだろうなぁ…(笑)でも、だからこそ、今この瞬間を見たい!!と夢中になってしまうんですね。

 

千秋楽のMCで、「最後に一人ずつ、将来この10人でやっていきたいことを挙げていこうよ!」って流れになりまして。藤井くんの「皆でTDLに行きたい!」もすっごく可愛かったし、那須くんの「夏のEXがんばりまーす!」もけ、堅実~~~~!!!(笑)ってなったけど、いちばん入所して日が浅い金指くんの「東京ドームでコンサートがしたい」と、いちばん先輩の涼さまの「10人でフライングしたい」に泣いた。その瞬間、わたしの脳内には10人で円になってサークルフライングしながら「SUMMARY」を歌うHiBちゃんたちの姿がばっちり見えたよ。いつか絶対叶えてほしい!!

 

今回の公演は、猪狩くんが怪我でお休みだった上に、瑞稀くんも途中から体調不良で出番が減ったり、明らかに具合が悪そうだったり、見ていて100%楽しいだけじゃないこともありました。でも、その分ほかのメンバーがカバーして、全員で頑張ってキラキラのステージを作り上げている姿にグッときました。ハニビの煽りで大昇が、「これが青春だ~~~~!!!」って言った回があったんだけど、その煽りが凄く素敵でね。本当にそうだよね、って思った。勉強や、恋愛や、部活や、親孝行や、遊びや、そういう普通の男の子たちが手に入れられる「青春」以上の「青春」を、彼らは全身で体現してくれてるんだよなー。わたしはそんな、キラキラの青春のパワーを浴びるのが、好きで好きでたまらないのです。

 

HiHiB少年の皆様、全11公演本当におつかれさまでした!できればこの先も、ずっとキラキラの活躍を見ていけますように。

 

 

*1:HiHiJETは本来4人グループなのですが、メンバーの猪狩蒼弥くんが怪我で公演をお休みしていたので、3人での出演になりました。

*2:多分、猪狩くんのアンダー