いちばんぼしにとどくまで

アイドルや舞台について好きなだけ

黒羽麻璃央2016年カレンダー発売記念イベント(2015/12/19・発明会館)

これで一応書こうと思ってたレポは全部書けたような…?この日は、色々と深い話も聞けて、まりおくんのファンでよかったなーと改めて思えた日でした。次の日のまりおくんはおじいちゃんだったけど(笑)

 1部トークで面白かったところ

Q.2015年はどんな一年でしたか?

「今まで二年半ずっと同じ役をやってて、でも今年は本当に色んな仕事をやらせてもらえて、すごく動き出した感じのした年でした」

Q.2016年以降、どんな役をやってみたいですか?

「狂った役やってみたい。この仕事のいいところは、役の中だったらなんでもできる。人殺したりとかもほんとにすると捕まっちゃうけど物語の中ならできるから、そういうのもやってみたい」

 過去と未来の話をしてくれました。個人的には、まりおくんの「普通」の表現が凄く好きなので、「色あせてカラフル」の晴ぴょんさんみたいな役がもっと見たいなーと思うんだけど、狂ってたり激しかったりする役も見てみたいですね。

 

麻璃央「おれ早く歳とりたいんですよね〜白髪の人ってかっこよくないですか?」

ピク兄「えっ何?関口宏さんみたいなこと?」

麻璃央「違いますよw髭まで真っ白みたいな…」

ピク兄「えっそれサンタクロースじゃん?!」

麻璃央「違うんですけどw何か上手くいえないけど…」
ピク兄「まぁ気持ちはわかるよ。俺も若い頃は早く大人になりたいって思ってたからさ。でも人生は一度きりだし、今を大いに生きな!」

ピク兄「まりおくんは、皆と仲良くできる人だよね。キャストサイズの番組でも楽屋で皆に慕われてて」

麻璃央「いやいや、皆がいい人なんですよ。変な話、仕事でちゃんと結果出してる人ってやっぱりいい人が多いから、仲良くしてくれるんですよ」

ピク兄「いやー、まりおくんってほんとに溌溂とした好青年だよね!僕は君が思ってるより、君に対してめちゃくちゃ好感を持ってるよ!」

ピク兄のこういうところが本当に本当に好きだー(涙)キャスサニュースとか見てても思うんですけど、なんか兄弟みたいですよね、まりおくんとピク兄。若手俳優のお兄ちゃん…いつもありがとうございます。

 

麻璃央「カレンダーはホテルで撮影しました。ここ、天皇が宿泊する部屋で、一泊数十万するって」(略)

麻璃央「母校でも撮って。うちの学校私立だからお金持ってる」(略)

麻璃央「高校時代ベニーランドでバイトしてて。GWは日給が上がるんすよね」

ピク兄「…さっきからお金の話ばっかりじゃん!!!もうお金の話しないでね?!」

麻璃央「分かりましたw」

ピク兄「で、カレンダーはいつ頃撮影したんですか?」

麻璃央「刀剣乱舞の稽古中で。あ、しかも俺行くとき新幹線の切符なくしたんですよ!だから自腹切って仙台行って…」

ピク兄「あっまたお金の話した!!」

 金銭感覚が庶民っぽいところも本当に推せます。

 

ピク兄「まりおくんの好きな食べ物ってなんなの?」

麻璃央「たまご焼きです!和食が好きで」

ピク兄「若い子は焼肉とかじゃないの?」

麻璃央「最近焼肉食べると次の日胃もたれすんですよね〜…」

ピク兄「うそでしょ?!w若いのに…。今に豚カツとかも食べれなくなるよ」

麻璃央「まじかよ…(絶望)」

 なんてことない会話だったんですけど、可愛かったので。

 

2部トークで面白かったところ

Q.7代目会の思い出とか教えてください。

麻璃央「一番到着が遅かったのは矢田。でも舞台の本番中だったので仕方ないんですけどね。彼を責めないでください(笑)あと、みずきがお酒飲めるようになっててなんかびっくりしましたね〜。出逢った頃は現役高校生だったのにね。あとは〜…なんかみんな飲んべえになってましたwまあ舞台の現場って飲むこと多いんでね。でも、基本はみんな変わらないな〜って思いましたけどね。秀弥は相変わらずみんなにご飯取り分けてくれるし…あ、あとなんか山本一慶をかっこいいな…と思いましたねw」

ピク兄「え、それは行動がってこと?雰囲気とか?」

麻璃央「いや何か…顔が?」

ピク兄「顔!」

麻璃央「ずっと一緒にいたからあんまり分かんなかったけど、久しぶりに会うとあ〜この人すごいかっこいい顔してんな…!と思いました」

 青7厨あるあるだと思うんですけど、一慶さんが雑に扱われすぎていて、あんなに美しい顔面をお持ちであることを忘れませんか?私は忘れてます。

 

ピク兄「カレンダーの7月のまりおくん、柔和な顔してるね」

麻璃央「にゅーわら??」

ピク兄「いや『柔和』ね?!」

麻璃央「????にゅーわって何ですか?」

ピ「」

麻璃央「ピク兄って芸歴何年なんですか?」

ピク兄「俺15年だよ!まりおくん15年前っていくつ?」

麻璃央「俺7歳でした」

ピク兄「俺はまりおくんが7歳のときからこの仕事してるのよ」

麻璃央「すげ〜!俺7歳のときは小学生でしたよ!」

ピク兄「そりゃそうだよ!」

麻璃央「俺の名前、漢字が難しいから小3くらいまで間違って覚えてて、テストとか漢字で名前書かなきゃいけないとこに親父の名前書いてたんですよね…小3の時気付いて、先生教えてよ!!ってなった」

ピク兄「そんなことある!?w」

 なんていうか長瀬智也みのあるダイナミックなボケ3連発でした。ピク兄のツッコミがいちいち的確で最高です。

 

麻璃央「稽古の時はスウェットにマウンテンパーカーでたまにチャリ乗って行きますね」

ピク兄「すげえ!スラムダンクのOPみたいだね!」

 ピク兄、いちいち的確で本当に最高…。

 

3部トークの面白かったところ

Q.達成くんについて何か教えてください。

「達成は寂しがり。前に、飲みに行こうぜって連絡が来て、でも俺用事があるから途中で帰るよって最初に言ってて、達成もわかったって言ってたのに、いざ俺が帰ろうとしたら『えぇ〜?もうかえんの…?(甘え声)』とか言ってきて…何なんだこいつ…と思いましたけど…w意外とああ見えて構ってちゃんなんですよね。ドSみたいな顔してるけどね!」

Q.なごみ隊でお泊まりしたときの話をしてください。

「なんかあの日1日でシャンプーがめっちゃ減ったな!と思いました。章平さんはガタイが良すぎて俺が貸した服ピチピチになるし…笑 でも泊まりに来る前にテニスのスタッフさんと三人でメシ食ってて、真剣な話もできて楽しかったです」

 とりあえず青7厨にも優しいイベントでした。達成のこういうちょっと壊れた一面に困惑するまりおくんの構図が凄い好きです。前にTDCのジェットコースターに乗りたい!って達成がごねたときの話もだけど、だいたいいつも「何なんだこいつ…」って思ってる感じがする(笑)テニミュのスタッフさんはOBにも優しくて素敵だなとも思いました。

 

Q.刀ミュの楽屋でのエピソードなど教えてください。

「1幕で三日月さんが『さて、舞をひとさし』って言って返歌を歌うんですけど、楽屋で『さて、舞をひとさし…』って静かに言ってから『ぽんぽんぽぽんぽぽ!!!』って激しくmistake歌う遊びが流行ってましたね~。あと、刀剣乱舞(曲)で石切丸に歌わせないってネタもあって、メロディーが同じだから岩融の『岩をも砕き〜』の後にまた子狐丸が出てきて『金色の野生踊ればほら〜』って延々ループするという…」

麻璃央「大平峻也がなんか分かんないけどめっちゃ可愛いんですよね…!何回か(しゅんやかわいいな〜………ハッこいつ男だった!!可愛いって何だよ!!)って思うことがあって…」

ピク兄「そういう可愛いなの?!問題だよ!」

Q.刀ミュについて教えてください。

「刀剣乱舞は、正直楽しいよりも苦しいが先行するくらい大変でしたね。立ち回りも初めてで、衣装もめちゃくちゃ重くて、原作も物凄く人気のゲームだからそのイメージを壊しちゃいけないプレッシャーもあったし、自分の名前が一番上にあるのも緊張で…。今回は、原作の人気を考えると、普段舞台を観に行かない、ゲームしかしたことがない刀剣乱舞ファンの人の割合も多いだろうから、その人たちに舞台を楽しんでもらえるかどうかも不安でした。でもそこは茅野さんが演出でがっつり引っ張ってくださって。役者もお互いに出来てないとこは教えあったり、一丸となって作り上げた感じですね。そして、千秋楽の挨拶のとき、俺は舞台の真ん中にいて皆を呼び込むんですけど、そこで皆の顔や会場のお客さんを見渡して、ああ、刀剣乱舞をやってよかったなぁって思ったんですよね。」

刀ミュについてもたくさん語ってくれました。mistakeと刀剣乱舞ネタのゆるさは、あーこれぞ三条加州くんの空気感…って感じで想像しただけで凄く面白い。そして、一番最後の回答は本当にぐっと来ましたねー。一語一句覚えているわけじゃないのでニュアンスなんですけど。プレッシャーの大きい作品だったと思うし、クレジットもこんなにいい位置にあるのは初めてだったので、始まる前は私もドキドキでした。今も、本公演に向けてめちゃくちゃドキドキしています。でも、これだけのことをちゃんと考えて舞台に立っているまりおくんのことなら絶対に信じられる!って思いました。本公演が終わった後も、「やってよかった」って思ってもらえるといいなー。

 

Q.今年の自分を漢字一文字で表すと?

「『挑』!本当にいろんなことに挑んだ一年でした。バイオリン弾いたし、刀になったし、ワイルドハーフにもなったし、BL撮ったし、次はホストだし、河童にもなるし…今年は凄く仕事のイメージが強かった年です」

最後のまとめでした。

 

それにしても、2016年も2015年に負けないくらいお仕事ぎっしりで、凄いなーと思っています。私は毎日楽しいことがあって嬉しいけど、お休みとかも少なそうで体調崩さないかだけが心配です。余計なお世話過ぎますけど…。でも、毎日目に見えてかっこよくなっていって、ファンの数も増えていって、ファンとしては今が一番楽しい時期だなって思うんですよね。ブレイク前夜というか…。もちろん、ブレイクしたらしたで楽しいこといっぱいあると思うんですけど、棒グラフが右肩上がりにぎゅーんと伸びていってるような、ひまわりが太陽の方向にすくすく伸びていってるような、そういう気持ちでまりおくんを見ています。とっても眩しいです。今年も半分すぎちゃいましたけど、下半期も楽しいこといっぱいあるといいな、と思っています。