いちばんぼしにとどくまで

俳優の黒羽麻璃央くんのファンです

TSCPP全国氷帝レポ(2013/11/7・3部・日本青年館)

この日は二回まわしでした!3部レポです。

 

  • 自己紹介テーマ「流れ星になにを祈る?」

小越「魔法使いになれますように☆」

多和田「勇輝のオヤジギャグがもっと面白くなりますように」

一慶「ひとつじゃ足りないので3つか4つに願い事を増やす」

矢田「うちの犬が人に懐きますように」

黒羽「大石の触覚が6本になりますように」

稲垣「四天宝寺戦では乾のソロがありますように」

章平「うちに温泉が湧きますように。源泉はプロテインで!」

石渡「人前でテンっ…(←噛む)テンパらなくなりますように」

木村「う~ん…体力がつきますように」

岩「魚と仲良くなれますように」

三井「流れるのが速すぎるからもっとゆっくり流れて欲しい!」

小林「身長が伸びますように…」 

 当時は何とも思わなかったけど今改めて見るとより笑えるのがあってwww補足すると、矢田ちゃんは「ラッキー」という浮かれた名前の凶暴な犬を飼っていて、そのわんちゃんが全然多和田くんに懐かないという話をこの頃多和田くんがしていたのでした。まりおくんは大石役の一慶さんとの絆を深めるために、大石(の主に髪型)を前後アナ・テニミュブログなどでいじり倒していた。いなせの願い泣ける。

そして氷帝バージョンは

青木「菊池卓也の夢が叶いますように」

菊池「志尊の夢が(同)」

志尊「桑野くんの夢が(同)」

→桑野→燈くん→西島→ヒロくんも同じように隣の人の願いが叶うことを願って行き、

白洲「イセダイの夢が(同)」

伊勢「ソファーが買えますように!」「できれば緑色の!!」

 さすが氷帝、良い団体芸だ…。

 

  • 青7の母・山本一慶さん

トークに移る前に立ち上がってはしゃぐ稲垣くんに「せいやは座ってなさい!」とか、お客さんに訊いてるのに答えようとする章平くんに「章平は喋らない!」とか叱る一慶くん良いオカンでした 

 この頃からオカンみ溢れていたらしい。

 

  • 安定のたわやた

多和田「D1終わりでベンチが動くとき、立ち位置的に手塚がいちばん最後にベンチに座るんだけど、座った途端に不二が一歩こっちに寄って密着してくるんですよ」

矢田「やってない!笑」

多和田「やってるやん!しかも自分から寄ってくるくせに俺の顔の近くで『手塚…近いよ』とか言って」

矢田「wwwいや、不二と手塚は仲良しだからね」

多和田「これ大阪での話なんですけど、地元なんでテンション上がったんでしょうね」

 この間、一慶さんかいなせがずっと「スケベ…スケベやね~」って小声で呟いててめちゃくちゃ面白かったのだけど、まだ声の聞き分けができず誰が言ってたのか分からないです…。たわやたはいいぞ。

 

  • まりおくんの大石探し

黒羽「地方では丸いものを探してた。大石の頭に似てるっていうネタを日替わりとか前後アナでやろうと思って…仙台ではひょうたん揚げでしょ、あとは~…(言葉に詰まる)」

一慶「大して見つけてないな、お前」

黒羽「wwwまだ探し中なので皆さん地方で丸いもの見つけたらブログにコメントください!」

 なお四天公演まで続かなかった模様。

 

  • ゴミを押し付けられがちなイケメン

一慶「地方のホテルで、いきなりまりおが俺の部屋に来てでっかいポップコーンくれたんだけど、パッサパサで全然美味しくなかった」

黒羽「あれは、その前に理陽とポップコーン食べたいねって話になってドンキに買いに行って…でも美味しくなくて…一慶さん誕生日近いしあげるかって」

一慶「あっそういうこと!?誕生日プレゼントだったの?なんだ~納得したわ~!!^^」

青7は要らないものは一慶さんに押し付ければ何とかしてくれると思っている節があるぞ!!!

 

石渡「あのねー!(立ち上がる)俺だけがホテルのインロック代表みたいに言われてたけど秀弥も福岡で1回やってた!」

多和田「こいつそれ見て『絶対どっかで言ってやる!!』って」

一慶「いやでもましゅーは回数が多いんだよw普通の人はやっても1回だけどましゅーは」

石渡「(比嘉公演と比べて)6回から2回に減りました!!!!(ドヤアアア)」

 ここのましゅまろちゃんが本当に渾身のエッヘン顔でたいそう可愛かったのじゃ!なお、四天公演ではインロックの王子様の座がましゅまろちゃんから安西慎太郎氏に移行するのでした。

 

  • ウインドランナー狂

白洲「地方では秀弥くんがよく部屋に来た。『シップちょうだい』とか俺の部屋で本読んだりとか。ある日ウインドランナーしながら歯ブラシ口にくわえて俺の部屋に来て、気付いたら歯ブラシ口に入れたまま寝てた」

多和田「起きたらウインドランナーもゲームオーバーになってた…」

 章平「俺マッサージ得意なんですけど、夜ホテルの部屋に秀弥が来て『マッサージして~』って。でそのまま俺の部屋でずっとスマホいじってて。多分あれはウインドランナーやってた」

高木「多和田くんはよく人の部屋に行きますねぇ」

 志尊「俺の部屋、あんまり人来ないんだけど、ある日矢田ちゃんと秀弥くんが来て」

司会陣「またかよw」

志尊「ドア開けてどうしたの?って聞いたら『じゅんじゅん、ウインドランナーの風の靴送っていい?』って」

高木「地方でウインドランナーしかしてないじゃん!」

多和田「いやいっぱい送るとLINEの通知がうるさいから一応許可をとって送ろうかなと思って…」

矢田「送ってばっかりなのもどうかと思って『風の靴ください』って言いに回ったりもした」

 青7ちゃんたちの間では割と定期的にそのとき世間で流行っているスマホゲームが流行っていて可愛かったですね。

 

  • 自分ageに余念のないケントニシジマ

西島「地方である日淳が俺の部屋に来て、そのままベッドで寝ちゃったから俺は床で寝た。翌朝起きたら淳がいなくて…」

赤澤「一晩中床で寝てたの!?」

西島「うん」

志尊「一応、目覚めて部屋に帰るときに声かけたんだけど…ごめんね…?」

西島「ぐっすり寝てて気付かなかったのかな☆」

赤澤「…ねぇ待って、それほんとに一晩中床で寝た?」

西島「うん」

赤澤「ほんとに!?」

西島「…ほんと」

赤澤「ほんとに!?」

西島「…ウソです!!☆」

美談を捏造してきたニシジマ氏の嘘を見破るともるちゃんwww

 

  •  青7のイタズラ

小越「名古屋で秀弥と矢田ちゃんと一慶もだっけ、千と千尋ブームが来てて、俺がいつも音確認用に使ってるiPodに勝手に『ア…ア…』とかカオナシのモノマネしてる声録音しててw」

くだらないけど死ぬほど可愛い(泣)

 

  • 義人りょうコンビのラップ芸が天才だった件

あとはいなせくんが岩理陽にラップ芸振って、そしたら青木くんが「うちのも負けねーぞ」みたいなこと言ってイセダイが噂の踏まれそうになったナメクジという一発芸をやって終わりました(ざっくりとまとめ) 

 りょうくんと岩くんのラップほんとサイコーだったんだけどバクステとかに入れてくれてないのかな…最初岩くんが軽快にラップを歌ってりょうくんは横で「Yo!」とか言ってるだけだったんだけど途中からいきなりいい感じのメロディ歌いだしたとこで腹筋崩壊した

 確か流れ的には「義人とりょうは比嘉の頃猫かぶってておとなしかったんだけど最近ギャグセンがぱない」という話で、テーマを与えると即席ラップを作る特技があるという話になり、テーマ「章平」でラップを披露してくれたんだけど、「章平さんはマジでガタイがいい、その上お洒落、いつもシャツをパンツにINしてる」というような内容のラップが始まって、死ぬほど笑ったんだった…。

 

産まれて初めてのTSCPPはこうして幕を閉じたのだった…このときは、まりおくんや青7にこんなに夢中になるとは思わなかったのに、人生は不思議なものですね…。