読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いちばんぼしにとどくまで

俳優の黒羽麻璃央くんのファンです

7代目青学が好きすぎるので好きすぎるところをとことん追求してみた その1

突然ですが7代目青学が大好きです。…ってことをこのタイミングでいうと3rd好きな人に怒られそうですが、どっちがいいとかではなくね。2014年11月に彼らがテニミュを卒業してからというもの、あ~もう全員揃ってるところを見る機会なんて全くなくなるんだろうなぁ、悲しい…と思い続けていたのですが、なぜか最近立て続けに彼らが親交している様子をブログやTwitterに上げてくるので、くそ~~そんなに忘れさせてくれないなら、いっそとことんまでお前らの好きなところ挙げ連ねてやるよ!!という謎の逆ギレエントリです。

 

で、私が7代目の好きなところってどこかというと、ずばり「一人ひとりのキャラが漫画のように立っている」その上で「一人ひとりの関係性に明確な違いがあって面白い」ところなんですね。私は元々アイドルおたくだったんですけど、アイドルを好きになる上でも何を重要視していたかというと「箱推しできるかどうか」だったので、もう生まれながらにそういう性癖なんだと思います。育ってきた環境も立場も年齢も違う複数の人間が、一個の大きな集団にぽいって投げ入れられたとき、そこでどんな化学変化が起きるのか、物凄く興味があるんですよね。

 

というわけで今から何をやるかというと、7代目レギュラー陣関係性コンビ総当たり戦をやります。+αで1年トリオのこととか、コンビではないトリオ(ややこしい)の関係性とかにも言及していきたい。何かこういうのをやると色んな方面から色々言われそうですが…まぁ自己満なので、読みたい人だけ読んでください。

それではさっそく番手順に。

 

小越勇輝くん&

・多和田秀弥くん

いわゆるリョーマと手塚の柱コンビ。歴代の柱コンビを見ていると割と手塚の方がだいぶ年上なパターンが多いけど、この二人は一歳差(しかもテニミュ歴で言ったら後輩のリョーマの方が先輩)というのが最大の特徴でしょうか。それゆえに、友達同士っぽい独特の関係を築いていたなと思います。個人的に好きなのは、やっぱり小越さんから多和田くんに言った「秀弥のせいで俺こんなんなってしもたわ!」という言葉。*17代目の中で小越さんはしょーもないダジャレを言うキャラだったそうですが、小越さんにそういうゆる~い雰囲気を纏わせるのはきっと多和田くんにしかできないことだったんだろうなと思いました。あと、全国立海のDVDイベント大阪で小越さんがぽつりと「秀弥本当に頑張ってたもんね」って言ったのも好き。やっぱり一番近くで多和田くんのことを見てたのは、小越さんだったんだろうなぁ。

 

・山本一慶くん

小越さんと一慶さんといえばなんといっても「7代目で鍋しよう!って言ったのになかなかメンバーが集まらなくて二人きりで鍋した」ってエピソードが印象深いですね。*2いや面白すぎるだろwww協調性がないwwwこのフリーダムなところが7代目のいいところですよね…特にこのあとみんなで集まって鍋リベンジした報告もないしな…。あと、全国立海公演の大阪で、一慶さんがユニバに行きたすぎてメンバーひとりひとりのホテルの部屋の扉をたたいて「♪ユニバ行こお~扉開けて~~」って熱唱してたけど、小越さんはめんどくさかったので居留守を使ってシカトし続けた、という話も好きです。自由な年上をあしらう年下の図。でも、ドリライ2014の楽屋では、はしゃぐ一慶さんに「うるさい!」って言いつつ、最後だから「越前リョーマエナジードリンクを飲むと~?」っていう面倒な振りに付き合ってあげる小越さん、らぶ。*3

 

・矢田悠佑くん

特別何かエピソードが思い浮かぶわけではないけどからっとしていて好きな組み合わせ。二人ともこだわりとか意思が強そうだから変な干渉とかせずに、信頼するところは信頼しあってやってきた感じがします。とにかく多和田くんに好かれているところが共通点かな(笑)

 

・黒羽麻璃央くん

麻璃央くんも大概フィーリングで言葉を発する人ですが、卒業してから小越さんが金髪になっていた時期に会って「勇輝の髪の毛がおいしそうだった」って言ってたのが印象深いエピソード。*4このあと全国立海DVDイベ大阪でも直接「プリンみたいで美味しそうだよね」って言って、小越さんを困惑させていた(笑)なんとなくですが、まりおくんって一人っ子だからか年上には弟っぽくなって年下にはお兄ちゃんっぽくなるのが顕著だなって思うんですけど、ゆえにまりおくんの中でずっと小越さんは「可愛い」存在だったんじゃないかな~と思います。いつだかの稽古場での全員集合写真(※達成のみ行方不明)で、優しい顔で小越さんのことをのぞき込んでいたまりおくんも印象的でした。

 

・稲垣成弥くん

7代目のバクステはいなせ&おごたん劇場なしには語れねえよな!!特にチムコレのバクステ!!も~たくさんたくさん可愛い姿をありがとうございましたって感じです。いなせは優しいからか、小越さんが心置きなくいじり倒せる相手って感じで、テニモの「一慶の部屋」でも、そういえばいなせの回のOPにまで小越さん居座って、いなせをいじってたよね。とはいえいなせもサービス精神過多な男なので、いじられた分だけいじり返す!!って感じで、大きいのと小さいののやり取りが面白かったです。特に好きなのは、チムコレのバクステ映像で、いなせが最初小越さんを頬杖ついて見てるんだけど、小越さんがそれに気づいてちょっと避けたら手で小越さんを捕まえようとして、小越さんがラケットでいなせを撲殺しようとするやつ。超可愛い~あそこだけエンドレスリピートできます。

 

・章平くん

章平といえばとにかく優しくて頼れる男であることは自明ですが、小越さんとのエピソードで印象深いのはやはり、小越さんが財布を忘れて改札から出られず困っていた時に助けに来てくれた…というエピソードでしょうか。(全国立海のPPで話してたんだっけ)頼られて嬉しげな章平と、助けに来てもらえて助かった小越さん、Win-Win。

 

・石渡真修くん

7代目を意識的に見るようになってから私は割とびっくりしたのですが、小越さんって真修くんに対して結構容赦ないですよね(笑)「アホ」とか、普通に言うからびっくりした(笑)でもそれだけ心を許してたってことなんだろうな~と思うと、他にはなかなか見ることができないいい関係だなって思います。真修くんから小越さんへの熱い気持ちは、もう私がなんかとやかく書くより真修くんのブログを読んでくれって感じです。今読んでも胸がウッとなる…!

ameblo.jp

 

・木村達成くん

達成と小越さんの関係も、割とチムコレ見てへ~こういう感じなんだってびっくりしたかな。キャラクタートークの時に、達成が小越さんに「お前背ちっちゃいもんな~」ってにやにやしながら言ったら、小越さんが「うっせーバーカ!」って言い返すところ。う、うっせーバカ!口が悪い!!最高だ!!!小越さんは基本的に育ちもお行儀も良い子だと思うので、仕事の場でそういう喋り方できる相手がいるんだ~!というのは純粋に驚きでした。そう考えると7代目って皆育ちは良いのに口が悪くて(笑)そこがザ・男子!って感じで好きだったんだよな~。

 

多和田秀弥くん&

・山本一慶くん

多和田くんと一慶さんといえば、ドリライの稽古時期かな、3日連続でご飯食べに行ってたのをなんか覚えてます。*5まぁこれはのちに稽古終わりに一人になるのが嫌だった一慶さんが色んな人を誘いまくって毎日乗ってあげてたのが多和田くんだったことが分かるんだけど(笑)改めて多和田くんのブログ「一慶」で検索してみると、結構話題に挙がってること多くて、やっぱり何だかんだで部長と副部長だったんだな~と思いました。二人だけにしか分からないこととか、きっとたくさんあったんだろうな。あと、二人のハモりはほんと好きです!

 

・矢田悠佑くん

来たぞハッピー組。ヤタアンドタワ。出会うべくして出会ったが出会ってしまったがゆえに騒音マシーンと化した7代目の名物コンビなのではないかと。仲良しエピソードは数えきれないほどあると思いますが、私が特に印象深いのは全国立海のPPで小越さんに「秀弥と矢田ちゃんが本当にうるさい」と苦言を呈されて、多和田「さっきも何かの話から盛り上がりすぎて二人でげらげら笑ってたら、近くにいた義人に冷めた顔で『今の話、全然面白くなかったっすよ』って言われた…」って言ってたことですかね。義人www卒業後に二人でやってたアメスタも見たんですけど、確かにまっっったく具体的な言葉を話さずひたすら1分間ぐらいゲラゲラゲラ!ヒー!!って笑い続けてる時間があって、こ、これは確かにクソうるせえ!wと納得したものです。でも、何にせよ、仕事をきっかけにここまで気の合う友人ができることってそうそうないと思うから、見てて微笑ましいですね。これからもずっと仲良しでいてくれ!

 

・黒羽麻璃央くん

まりおくんが多和田くんのことを「タワダックスフンド」って専ニクで呼ぶのめっちゃ好き!同い年だし、一緒にお買い物に行ったり、お散歩したり、ほのぼのとした友情をはぐくんでいた印象。つい最近もLINEしたってTwitterで言ってたよね~。また、一緒にお出掛けとかしたら、報告してほしいです。

 

・稲垣成弥くん

基本的にいたずらっ子多和田くんですが、いなせには割とやられっぱなしだった印象も強い。「笑顔見せよう」のPVでいきなりキスされそうになって笑っちゃった奴とか、全国立海の卒業式のシーンでタカさんが卒業証書破いたときに乾が手塚にめっちゃ目で訴えてきて笑いの道連れにしようとしてたとか、まぁどれも多和田くんが手塚だったときに仕掛けられたことなのでどうにもできなかったんだろうけど(笑)超目立つってわけじゃないけど、ちょこちょこ、可愛いエピソードがある二人。

 

・章平くん

ここも物凄く安定した関係な気がする。取り立てて思い出せるエピソードってないんだけど、きっと常に章平って皆にとっての安定剤だったんじゃないかな~。多和田くんとはうどん部仲間でもありますね。

 

・石渡真修くん

ピュアな多和田くんとピュアな真修くんが掛け合わさると意味が分からんくらい世界が浄化されるイメージでした。なんていうか思いやりで成り立ってるよね…。真修くんは基本的に誰からもめっちゃいじられてたと思うんだけどw皆がいじってると多和田くんってそっと助け舟を出すというか、いじりが行き過ぎないようなフォローをするのが上手くて、そういう印象があります。

 

・木村達成くん

なんかあると思ったけど達成と多和田くんってよく考えたらなんかあんまり思いつかない!(笑)いや、93年組だし、色々あったと思うんですけど。どうなんだろう。詳しい人教えてください(笑)まぁ安定して仲が良かったのだろう…。

 

山本一慶くん&

・矢田悠佑くん

自覚してるのか無自覚なのか分からないけど一慶さんは矢田ちゃんのこと好きすぎ!っていうことに卒業してから気付きました。も~イベントで矢田ちゃん矢田ちゃん矢田ちゃん矢田ちゃん…矢田ちゃんの話を聞かなかったトークイベントってないのでは!?ってくらいすげー喋ってるよね…それだけツボなんだろうね…(笑)年齢も近いし、この二人が絡むことによる謎のシュール感というか、あずまきよひこ感というか、ラーメンズ感というか、偏差値の高そうな笑いが好きです。直近の話になっちゃうけど、やっぱ全国立海の地方でゲーセンでふなっしータオルをゲットした矢田ちゃんが、一慶さんの部屋の前でそれをかぶって踊り狂ってた話は好きだな~想像に難くないな~その光景…。

 

・黒羽麻璃央くん

はい。正直この二人だけで5000字くらいエントリ書けるわ~って感じなのでここではあんまり多く語らないことにしますけど。でもほんと、それこそ仕事で偶然出会っただけの生まれも育ちも年齢も性格もまったく違う二人が、「人生でこんなに一緒に仕事する人もういないよ!」とか、「俺より先に大人にならないでね」とか、言い合える関係になったっていうのがもう胸アツすぎだし…。仲良すぎて大丈夫??って思うこともなくもないんだけど、でも、できることならこれからもたくさん仲良しなところを見たいな~って思います。麻璃央くんのサシ飲み実況ツイートであと半年生きようと思いました。

 

 

・稲垣成弥くん

いなせと一慶さん、私のイメージでは「共犯者」って感じ。二人とも大人だし、他の年下のメンバーに対してはそれなりに大人に振る舞うんだけど、二人揃うと精神年齢ががくーっと下がるのが面白い。チムコレの卒業制作で、他のチームを邪魔しに行こう~ってしてるときとか…。まぁだいたいはいなせが一慶さんをいじり倒してるだけなんだけど…(笑)ここに矢田ちゃんが絡んでも結構厄介な感じになるイメージなので、やっぱり年が近いと分かり合える空気感とかあるんだな~って思います。

 

・章平くん

一慶さんも例にもれず章平に安定感を貰ってた族の一人だったと思うのですが、一慶さんのブログ検索してみると思ってたよりもたくさん遊びに行ってて可愛い。初期の頃にテニスしに行ったりとか、ダーツしに行ったりとか、ご飯もちょこちょこ一緒に食べてるしね~。あ、あと最初の合宿の時におんぶして階段上るやつのペアが章平だったんだっけ!

 

・石渡真修くん

真修くんは一慶さんと二人というよりも、まりおくんと併せて3人で何かやってるイメージが強い。地方公演の時に3人だけでお寿司食べに行ってたりとか*6ネルフェスの時に真修くんの携帯で黄金ペアふたりで変顔した写メ撮ったりとかもしてましたね~。真修くん、リズミックタウンも章平と観に来てくれてたし、まぁ二人ともまりおくんと仲がいいからなんだけど、おのずと一慶さんのブログとか読んでると頻出する子だったなという印象です。

 

・木村達成くん

達成と一慶さんの関係見てると、すごいV6の長野森田コンビを思い出すんですよね~まぁわかんない人には何のこっちゃって感じだと思うんですけど、語弊を恐れずに言うと母親とドラ息子感が凄い。私が一番好きな二人のエピソードが、楽屋の洗面台で達成が髪の毛切ってそのまま放置してて、それに一慶さんが気付いて「達成!」って怒ったら、達成が「何で俺ってわかったの!?」ってびっくりしたという話なんですが(いつだかのPPで出た話題かな)、この話聞いたときすごいしっくりきたんですよね。ああ、そういう感じ、分かる…!!って思った(笑)達成は甘え上手なので何だかんだ年上には甘えつくしていたんだと思いますが、中でも一慶さんは特にいじることもできる相手というか、見てて微笑ましいし興味深い関係でした。

 

…と、また半分もいってないのですが、ここにきてなんと字数が約7000字になってしまったので、一度締めます。続きはまた後日…全部書き終わるか不安になってきたけど、楽しいから書く!!